• Moon

【6月12日教室報告】

Basic Sports Club SORAです!



先日、夜中にすごい雷雨の時がありました。


夜中でしたが、目を閉じていても雷光を感じ、目が覚めた時に



「ドーーーーン!!!」



と、すごい音が。。


これからの時期、ゲリラ豪雨が起こることが多々出てくると思います。


スポーツにおいて、落雷はものすごく怖い存在です。



雷光、雷鳴が聞こえたら、速やかに室内に避難して、安全確保に努めましょう!!





ところで皆さんは、ご自身の体を動かすのに電流(電気信号)が使われていることはご存知ですか?


「そんなの当たり前でしょ!」と思った方はすみません。。


では、その電流はどのくらいの速度で体を動いているか知っていますか?


個体差はもちろんありますが、



「秒速120m」



です!



1秒間に120m先まで届きます。



、、、えらいこっちゃ。



簡単に計算すると



1m20cmの子どもの頭から足先までなんと、0.01秒!!



はやいですねー。



0.01秒は、100mの選手でいえば約10cmの差になります。



100mを走っているとはいえ、

この差はなんとなく勝敗がわかるくらいの差ではないでしょうか?



0.01秒、侮れませんね。。



もっと短距離の世界に踏み込むと、人間の反応速度(ヨーイドンのドンから、足でグッと地面を押すまでのタイム)の限界は約0.1秒と言われ、それよりも早くリアクションをしてしまうとフライングと判断され失格となってしまいます。


大体ですが、トップスプリンターのリアクションタイムは



0.11〜0.20秒



この辺りだと思います。



ミズノの110mハードル日本記録保持者である金井選手は、

近年で2回?フライングを取られたことがあります。


それだけだとよくあるのですが、



0.099


0.098



等のリアクションタイムによるものでした。



音を聞く前に予測して動くと、音の前に体が動くのでこのような数値はでません。



つまり、金井選手は人間の反応できると思われる限界を超えているのでは?



と密かに考えています。




日々のトレーニングの中で、スタート動作が


「反応」から「反射」に変わりつつあるのではないでしょうか?




このような1秒以内の世界で生きるスプリンター。


かっこよくないですか?





、、、ということで、今回の報告に入ります!


いつも前置きは長いのでご理解ください。






今回の教室のテーマは「バランス」です!






【観音寺スクール】




観音寺小学生スクールでは、四角ジョギング、ストレッチをした後、







かまぼこジャンプを行いました!



写真にあるアイテムが「かまぼこ」です。




1人1本ずつかまぼこ型クッションを選び、乗ってみる


かまぼこジャンプ(落ちないように10回ジャンプ)


かまぼこT.Tを4人ずつ2チームに分かれて行いました!



※写真は、落ちないように両足ジャンプの時のものです。

(1・2・3・4・5のカウントで次のクッションにジャンプ!)


落ちないようにバランスを取ったり、2人同じクッションに乗ってしまったり、やってる方も見てる方もみんなで盛り上がりました!





次は、ネーミングセンスに溢れる荻田コーチ考案、


「どっちに跳んダッシュ!!」です。




詳細はこちら。