• Moon

【6月19日教室報告】

Basic Sports Club SORAです。



今回は、考え方について書こうと思います!


前置きが長いと思われた方は、

さーーーっと報告の方に進んでいただいて結構です。




、、、結構です。。




さて、早速ですが今回の長い雑談を始めます。




皆さんは、今のご自身は今後、




①「変わる」と思いますか?


②「大して変わらない」と思いますか?





なんのこっちゃ?という問いですが、なんとなくイメージしてみてください。





これはマインドセットと言って、(行動)心理学領域の話になります。




①と②のどちらを選んだかで、違った行動の傾向があるというものです。



スポーツの世界に落とし込むとこのようなパターン例が考えられます。





仮に、

①変われるマインドセットのAくんと、

②変われないマインドセットのBさん

がいたとしましょう。



Aくんは、「自分は成長できる」と考え、普段から自身の成長に向けて積極的に新しいことに挑戦する傾向があります。仮に試合で負けるなど思い通りにいかない場合も、「いつか成長して1番になってやる」と、自身の成長のために挑戦を続けます。


Bさんは、「大して変わらない」と考えているため、新しいことに挑戦することに積極的になれません。仮に試合で負けるなど思い通りにいかない場合は、「私は、ライバルには勝てないんだ」と自身に失望し、挑戦する勇気が持てなくなります。

しかし、どうにか勝つ方法はないかと模索した結果、「ライバルをどうやって陥れるか」という思考になり、やがて嫌がらせをするようになります。




いかがでしょうか?




「こんなもの都合のいい作り話でしょ」で終わればそれまでですが、このように同じ事象が起こっても、マインドセットの違いで「行動」が大きく変わります。


スポーツの世界では、たびたび現実を目の当たりにします。



圧倒的な力の差を感じることも多々あります。


強いと思っていても上には上がいます。


思い通りにいかない事が大半です。



スポーツのネガティブキャンペーンみたいになっていますが、



人が成長するためのチャンスがたくさん転がっているのがスポーツです。




上のような事が起こった時、どのマインドセットを持っているかによって、好ましい行動に出るのか、そうではないのかが変わると言っていいと思います。



歳をとっても人が変わる(成長する)ことは、科学的に証明されているようです。



しかし、



その効果を大きくするには、「人は変わることができる」と信じることが必要だそうです。





私たちSORAも、


子ども達の「できた!!」を通じて、




自分は変わることができるんだ!




ということを伝えていければと思っています。



雑談は以上です。

相変わらず長くなりました。。







さて、いよいよ6月19日教室の報告になります。






今回の教室のテーマは「判断力 (考えて動く)・瞬発力」です!





【観音寺スクール】



観音寺小学生コースは、四角形ジョグ2周、体操、2人1組ストレッチ、のあとスティックラダージャンプを行いました!








スティックラダーでは、ラダーから遠くにならないようにとのアドバイスで、素早い動きを意識して行いました!


そのあと2人組になり20秒間で何回できるかを数えあい、それぞれに回数を発表しました。


次に、スティックラダーを使った変形ダッシュを行いました。


スティックラダーの時の素早い動きの意識のまま、手を叩く音を聞いてダッシュします。

素早い動きを意識しつつ、スタートの合図にも耳をすませ集中しました。




写真の通り、みんな反応も早くなってきたように思います!


その後はマーカー回収走を行いました。