• Moon

【7月3日教室報告】

Basic Sports Club SORAです。



いよいよ七夕ですね。


短冊に願いは書きましたか?



いざ「願い事をどうぞ!」と言われると、意外に思いつかないものです。


流れ星を見つけた時にも、「あっ!!」と思った時には消えてしまいますよね。。


願い事が叶うかどうかは、願い事がいつ何時でもパッと出てくるぐらい



「具体的で、常に思い続けたもの



であるかどうかが大きなポイントなのではないかと考えています。


なんとなく思いついたような願い事は、なかなか継続しませんよね!



常に具体的な願い事(やりたい事)を持っていれば、チャンスが巡ってきた時に迷わず手を伸ばせると思います。


そんなチャンスをものにできた人が、願い事を叶えられるのではないでしょうか!!





と言うことで、【7月3日の教室報告】になります。




今回のテーマは「普段あまり行わない動き」です。



SORAでは、コーディネーション能力を高めながら、さまざまなスポーツに活かせる「体の動かし方」を学んでもらえるようなプログラムを提案しています。



今回は、前回に引き続きコーディネーション能力を強く意識した教室内容になります。





【観音寺スクール】



観音寺スクールは、先週に引き続き「旧五郷小学校体育館」にて行いました!


緊急事態宣言も明け、久しぶりに関西組のコーチも参加でき、子ども達もコーチも終始楽しくスクールをすることができました!!



今後も感染状況に応じて、安全第一で臨機応変に対応させていただきます!!



小学生コースは、クロスジョグ、二人組体操をした後、


世梨樺コーチによる「ドラえもん」を行いました。


「ドラえもん」は、皆さんご存知の通り猫型ロボットのことですが、


内容はドラえもんのテーマ曲を使った「リズムジャンプ運動」です。


リズムに合わせて、手と足をグーパーしながらジャンプします!


音を聞いてリズムを合わせて手と足でそれぞれ動きに規則をつけます。


思っている以上に混乱します。笑

手と足で違う動きをするのは難しく、子ども達だけでなく、コーチが失敗する場面も、、、笑


初めは手も足もグー、パーの繰り返し運動なので、動くこと自体は比較的簡単に行えますが、歌が始まり「3、2、1、ハイ!!」と言われると、1テンポ目に乗れず、あれ?あれ?と思っているうちに曲の一部が終わっています。笑


この頭の混乱が、コーデイネーション能力の向上につながります!



短い時間でしたが、徐々に慣れてリズムに合わせられるようになっていました!!



しかし、次のレベルである「手と足がグーパーバラバラの動き」は難しかったようです。。


継続していればいつか必ず習得できると思いますので、

おうちでお父さん、お母さんと練習してみてくださいね!


今後も「ドラえもん」は継続していきますのでお楽しみに!!




次は、腕回しドリルです。

前後に腕を回しながら歩いたり走ったり。


止まった状態できていても、「歩く」「走る」という動作の中で動かすのは意外と難しいはずなのですが、、、皆すぐにできるようになっていました! 



すごい!!



動きの中で腕を使うことは、効率よく走る上ですごく必要になります。



アスリートの視点で見ても、上半身(体感、腕、背骨)がうまく下半身(お尻、太もも、足首)と連動している選手は、ゆっくり走っているように見えてすごく速いです。



よく「腕を大きく振って走ろう!!」という言葉を聞くと思いますが、下半身の動きとタイミングやバランスが合っていないと速い走りにはなかなか繋がりません。



そして、今回のポイントは「ぐるぐる」です!


肘を伸ばして「ぐるぐる」しながら走ることで


①肩甲骨から動かすことを学習する

②前後左右に重心が揺さぶられ、腕を振ることの影響を体で感じる


ことができます。


これが、上半身を使って速く走るための導入部分になります。



そしてそれが、その後に行った「雑巾掛け」へ繋がります。


具体的には、


①肩甲骨から雑巾に力を加える(体を支える)準備ができる

②今回まだ動かせていない走りに必要な筋肉(お尻や太もも)への刺激


そこからさらに、


③腕を振らずに走ることで体幹(お腹)と下半身(お尻、太もも)の「連動」を強化する

④スタートダッシュ時の前傾姿勢での足の運び方(膝の引きつけ動作)を自然に学ぶ


といった形になります。


専門的に説明しましたが、それくらい「雑巾掛け」には早く走るコツが詰まっています。



特に④は走力によって顕著に影響が出ます。


今回参加された、または雑巾掛けを経験された皆さんは理解できると思いますが、



うまく膝を引き上げられず、つま先が地面に擦れて転けてしまう



このような現象になったことはありませんか?


このような現象が「頻繁」に起こる場合、足を引きつける筋力(腹筋や腸腰筋)がまだ高くないという判断ができます。


そうなると、実際の走りの中でもスピードが上がると足が後ろに流れてしまい、大きなスピード、エネルギーロスに繋がります。


トップアスリート(特に短距離選手)は、必ずといっていい程この筋力が強いです。


興味がありましたら、ぜひ100m選手の足の回転に注目してみてください!!

*今回の日本選手権100mで優勝した多田選手は特に顕著です!




熱くなってしまいましたが、